皮膚 赤い斑点 内出血

傷みやかゆみは無いが皮膚に赤い斑点や内出血がある

スポンサーリンク

特に皮膚に痛みやかゆみがあるわけではないのに、いつの間にいろんな場所に内出血が起きていたり赤い斑点になってしまっているという人がいます。
こういったことがあると何か深刻な病気直ではないかと心配になってしまうのかその原因を説明してきたいと思います。
まず考えられるのは紫外線をたくさん浴びすぎたりしていることや、皮膚に炎症が起きてしまってる場合がありそれによって赤い斑点ができている場合があります。
人間には真皮という部分があり、この部分の毛細血管の拡張や増殖によって表皮がのばされてしまい、それが赤いほくろのように出てきてしまうことがあります。
これは主に加齢が関係されていると思われています。
あまた接触皮膚炎というものもありますが、これは特定なものに接触することによって発症し、腫れや痛みを伴うこともある皮膚炎の一種です。
このほかにも赤い斑点のようになってしまう病気はありその一つに紫斑病という肌の病気もあります次でその病気について説明していきます。

スポンサーリンク

では紫斑病という病気について説明します。
紫斑病とは体のいたるところに内出血を起こす肌の病気の一種です。
その中でも20代の人、若い女性に多くみられる単純紫斑病というものもあります。
この内出血による痛みやかゆみなどはありませんが、色素沈着を起こし跡が残ってしまう可能性があるため女性にとってはとても厄介な病気です。
春や秋などの比較的暖かく過ごしやすい時期に発症することが多く、まだ原因ははっきりとはわかっていないため注意が必要です。
最初は米粒程度の内出血がみられ、それがその後様々なところに拡散していきます。
最初に説明したように痛みやかゆみは無くしこりもできません。
まだ原因ははっきりしていないと説明しましたが、今現在は血管に何らかの原因があるのではないかと言われています。
その根拠は疲れを感じている時や月経時に症状が悪化することが多いためです。
発症しても数週間たつと自然に消えてしまうことも多く、特に命の危険がある疾患ではないので特別しっかりとした治療が必要ということはありません。

スポンサーリンク