生理前 首のしこりニキビ 原因 対処法

首のしこりニキビの生理前などの原因と対処法

スポンサーリンク

生理前になると、顔や首にニキビが多くなる症状が出ることがありますが、時には、首のしこりニキビとなってあらわれることがあります。
首のしこりニキビは、毛穴の奥に角質などの老廃物がたまった状態で、治りにくいのが特徴です。
首のしこりニキビが大きくなると、アテロームまたは粉瘤と呼ばれるできものに、そっくりになります。
首のしこりニキビとアテロームの区別は、炎症の状態では、見た目ではわからないことがあります。
アテロームは、病院での治療が必要なので、首のしこりニキビが大きくなるようであれば、受診した方が良いです。
首のしこりニキビは、真皮まで炎症が起きてしまっているため、しこりを感じるようになります。
首のしこりニキビは、つぶしてしまうと、大きなクレーターのようにニキビ跡になってしまったり、色素沈着を起こしてしまうことがあるので、触らないようにします。
病院での対処法は、外用薬の他に、内服薬を使用して、体の中から治す方法をとることもあります。

スポンサーリンク

首にニキビができるのは、いろいろな原因があります。
女性の場合、生理前にニキビが多くできることがあります。
生理前にホルモンバランスが変化することが原因の一つとされています。
生理前になると、プロゲステロンという女性ホルモンが多くなります。
このプロゲステロンは、皮脂が多く分泌するなどの作用があり、それが原因で生理前にニキビができやすくなるのです。
ホルモンバランスが原因の場合、ホルモンバランスに合わせた対処法が必要です。
生理前に、食事を気を付けたり、生活リズムを規則正しくすることが対処法です。
食生活が原因で、ニキビができやすくなっていることがあります。
脂っこい食事を減らし、ビタミンを多くとれる食事をすることが対処法です。
また、食物繊維をとったり、運動をして便秘をしないことも、ニキビの対処法です。
過剰な皮脂や、乾燥が原因でもあるので、保湿をすることが対処法です。
肌が乾燥していると、それを防ぐために、過剰に皮脂が分泌されるためです。
このように、生理前のホルモンバランスや、乾燥などが首のしこりニキビの原因です。
食事など、自分でできる対処法をし、改善しないときは、医師に相談をします。

スポンサーリンク