首回り かゆみ 皮膚

首回りの皮膚にかゆみを感じた時の対策

スポンサーリンク

首回りにかゆみを感じた時には、以下の原因を検討するのが効果的です。
まずはネックレスなど、首回りに付ける貴金属類です。
これには二つのチェック項目があります。
一つは、金属アレルギーで皮膚が軽い炎症反応を起こしている場合です。
新しいネックレスに変えたときなどは、これを疑って調べます。
人によって金属アレルギーを引き起こす金属の種類が異なります。
対策としては、できるだけそのネックレスを使わないことです。
そのネックレスの使用をやめてもかゆみが止まらない場合は皮膚科のクリニックもしくは病院に相談に行きます。
もうひとつはネックレスの汚れです。
特に鎖状のネックレスなどは構造が細かく入り組んでおり、そこに汗や皮脂が堆積し、それが雑菌の繁殖源になることがあります。
ネックレスは日々つけるものなので、清潔に保つように心掛けることが大切です。
ネックレスの洗浄は、家庭用の洗剤、専用の洗浄液などを使います。
入り組んだ構造のものであれば、超音波洗浄装置を使うのが最適です。

スポンサーリンク

首回りのかゆみの原因には、衣類が関係している場合もあります。
特に毎日着ることの多いジャケットなどで、夏場などにはこのようなかゆさを首の皮膚に感じることがあります。
その原因は、ジャケットの襟に付着した汗や皮脂などの汚れです。
そこから雑菌が増え、肌に移り、免疫反応の結果、かゆみが引き起こされます。
夏場は汗をかきやすいので、ジャケットの襟が汚れていないかよりこまめに確認します。
別の原因は、衣類の洗濯が不十分であることです。
洗剤が十分に溶けていなかったり、衣類の汚れがガンコな場合には、衣服が清潔でない状態であることが多く、特に汗の溜まりやすい襟元が不衛生な状態になりがちです。
このような場合には、衣類の襟元をよくみて確認して、黄ばんでいないか、悪臭がしないかをチェックします。
また、気になる衣類については、洗濯前の予備洗いなどで、襟の部分だけはより丁寧に洗濯すると効果的です。
また、スカーフやマフラーなども同様に清潔に保つ必要があります。
これらの問題をクリアにすることで、首回りの皮膚のかゆみの原因を抑えることができます。

スポンサーリンク