うなじの炎症 毛穴詰まり 角質層 原因

角質層の問題や毛穴詰まりが原因で起こるうなじの炎症

スポンサーリンク

うなじは、皮脂が多い場所です。
そのため、炎症が起こりやすい場所でもあります。
うなじの炎症で挙げられるのは、ニキビです。
皮脂が多いと、ニキビの原因の菌によってニキビができます。
髪が当たることで、髪についた雑菌が原因となり、炎症が起こります。
また、襟でこすれることも、ニキビが悪化しうなじの炎症となります。
紫外線が当たりやすい場所なので、色素沈着が起こることがあります。
肌のターンオーバーが乱れると、角質層が厚くなる角質肥厚が起こります。
これが原因で毛穴詰まりが起こり、ニキビなどうなじの炎症が起こります。
毛穴詰まりを予防するからといって、体を洗うときに強くこすってしまうことは、逆効果になってしまいます。
角質層に傷がつき、より角質層が厚くなってしまい、毛穴詰まりを起こすのです。
洗うときは、角質層を傷つけないようにやさしく洗うようにします。
洗いすぎることは、乾燥につながり、毛穴詰まりや、うなじの炎症も原因となります。

スポンサーリンク

ニキビなど、うなじの炎症を予防するには、ターンオーバーを正常ににし、角質層が厚くなることを防ぎ、毛穴詰まりをさせないようにすることです。
体の中からできるとは、食生活の改善や、規則正しい生活をすることです。
うなじの炎症の原因となる皮脂が過剰にならないようにするために、脂っこい食事にならないようにします。
皮脂が過剰にならないようにするために、ビタミンBをとるように心がけます。
角質層が厚くなり、毛穴詰まりが気になるときは、石鹸を変えてみることも方法の一つです。
毛穴詰まりは、皮脂よりも、タンパク質が多いです。
酵素が入った石鹸が効果的です。
角質層が傷つかないように洗います。
この時もう1つ気を付けることがあります。
シャンプーや石鹸をすすぎ残さないことです。
すすぎ残しや皮脂の洗い残しがあると、脂漏性皮膚炎の原因となりうなじの炎症を起こしてしまいます。
このような原因でうなじの炎症が起こります。
治りにくい場合は、医師に相談して正しい処置をすることが大切です。

スポンサーリンク