うなじのニキビ 炎症 バイ菌 原因

うなじのニキビの炎症のバイ菌などの原因

スポンサーリンク

ニキビというと顔にできることが多いですが、他の場所にもできることがあります。
うなじのニキビは、できやすく、炎症が起こりやすいです。
なぜ、うなじのニキビが起こるのかというと、髪の生え際は皮脂が出やすいためです。
その他にもうなじのニキビができやすい原因があります。
整髪料が原因である場合があります。
肌に整髪料が付くことでニキビができることがあります。
シャンプーやコンディショナーがきちんと流れていないことも原因です。
特にコンディショナーは油分が多いので、うなじのニキビができる可能性が高いです。
また、ボディーソープの泡が付きやすい場所でもあります。
うなじはシャワーが届きにくい場所なので、意識をして流すようにします。
うなじのニキビに限らず、ニキビができにくい体にするには、食生活などの生活習慣が大切です。
食生活では、脂っこい食事ばかりにならないようにします。
また、規則正しい生活をすることもニキビの予防になります。

スポンサーリンク

うなじのニキビが炎症しやすい原因は、場所が関係してます。
髪が当たる場所であるため、髪についたバイ菌が原因で、炎症しやすいのです。
服が原因となることがあります。
襟のついた服でこすれることで摩擦が原因で炎症しやすいです。
服やバイ菌で炎症が起きた場所に紫外線が当たることも、炎症がひどくなる原因です。
バイ菌や摩擦で炎症が起きているところに紫外線が当たると、色素沈着などが起こりニキビ跡ができてしまうこともあります。
うなじのニキビができてしまったら、まず、潰したりしないことです。
潰してしまうと、バイ菌や摩擦、紫外線でもっと炎症がひどくなってしまいます。
もしも潰してしまったら、バイ菌や汚れなどがあるため、洗い流します。
傷やバイ菌が付かないようにあまり触れないようにします。
病院では、ニキビに対して抗菌剤などの薬を処方されることが多いです。
その名の通り、ニキビの原因となるバイ菌を増やさないようにする薬です。
ニキビと似ている粉瘤というものがあります。
これは、病院での治療が必要になります。
大きなニキビの時は病院で診断してもらったほうが良いです。

スポンサーリンク