シャンプー すすぎ残し 首の痒み 治し方

シャンプーのすすぎ残しによる首の痒みの治し方

スポンサーリンク

首の痒みの原因の一つに、シャンプーのすすぎ残しというものがあります。
最近のシャンプーは洗浄力も高くて泡立ちも良いですが、それゆえに皮膚にとっては刺激が強すぎる傾向にあるために、すすぎ残しがあるとそれが原因で首の痒みはもちろんのこと、湿疹や炎症、肌の乾燥といった症状がでることもあり、アレルギー性や接触性の皮膚炎を発症することもあります。
そこで首の痒みの治し方としては、原因となるシャンプーのすすぎ残しをしないためにも十分すぎるくらいによく洗い、かつシャンプーの成分も確認し、出来るだけ肌に優しいタイプのものを選んで使用するといったことが大切です。
またシャンプーのすすぎ残しがあると頭以外の肌にも悪影響をもたらす可能性もあるので、頭だけでなく身体全身を綺麗に洗い、シャンプーのすすぎ残しがどこにもみられないようにしてください。
こうして原因を取り除いたら、それと同時に首の痒みの治し方として枕カバーをつねに清潔に保ったり、髪の毛や衣服による刺激などにも注意するようにすることが、より効果的な首の痒みの治し方となります。

スポンサーリンク

首の痒みの治し方の基本はシャンプーのすすぎ残しをしないことですが、そのためには入浴の効率的な仕方を実施すると良いでしょう。
とくに洗う順番は重要で、最初にシャンプーやコンディショナーを使って頭を洗い、続いて洗顔や身体を洗い、最後にバスタブにゆったりと浸かるようにしましょう。
こうすることでたとえ頭を洗った後に顔や身体にすすぎ残しがあったとしても、それも次に顔や身体を洗うので洗い流せますし、最後にバスタブに浸かれば、完璧にすすぎ残しを綺麗に落とすことが可能となります。
それゆえに首の痒みの治し方としてはこういった入浴方法がお勧めですが、頭を洗う際はとくに襟足や後頭部のすすぎを重点的にすることも大切ですし、最低でも三分以上はすすぐようにしてください。
そしてシャンプーの成分に注意することは、アレルギーや他の皮膚トラブルの治し方としても効果的であり、とくに注意したいのは合成界面活性剤ですが、たとえ無添加などでも人によってはかぶれたりする場合もあるので、しっかりと自分の肌質に合った成分のものを選んで使用することが、肌トラブルの治し方へとつながります。

スポンサーリンク