マフラー 首にぶつぶつ 虫刺され跡 原因

マフラーで首にぶつぶつや虫刺され跡ができる原因

スポンサーリンク

首は、皮脂が多く、皮膚が薄いため、炎症が起こりやす場所です。
マフラーをして、首に虫刺され跡のようなぶつぶつができてしまうことがあれば、接触性皮膚炎の可能性があります。
接触性皮膚炎は、繊維やアクセサリーの刺激や、摩擦などが原因で皮膚に炎症が起こります。
マフラーをして首にぶつぶつと湿疹ができてしまうのは、マフラーの繊維が皮膚を刺激しているのです。
また、マフラーの繊維だけではなく、その他の理由で虫刺され跡のような首にぶつぶつの湿疹が出ることがあります。
マフラーの繊維に含まれる染料やその他の薬品です。
さらに、マフラーをしていることで、汗をかき、その汗がかぶれを起こしていることも考えられます。
虫刺され跡のように首にぶつぶつと湿疹ができた場合、接触性皮膚炎が疑われますが、肌に触れるものならどのようなことも原因になってしまいます。
薬品などのアレルギー性や、衣類などの非アレルギー性の炎症も含まれています。

スポンサーリンク

虫刺され跡のように、首にぶつぶつと湿疹ができる原因は他にもあります。
乾燥が原因となっていることがあります。
そのような湿疹を、皮脂欠乏性湿疹といいます。
皮脂は、肌を守るためにありますが、少なくなってしまうと、肌のバリア機能が低下してしまいます。
すると、わずかな刺激でもかゆみや、湿疹ができてしまうのです。
接触性皮膚炎や皮脂欠乏性湿疹で、首にぶつぶつと湿疹ができてしまっても、かかないようにします。
かいてしまうと、細菌感染のリスクがあります。
かゆみがひどいときは、抗ヒスタミン剤やステロイド剤を使用します。
首にぶつぶつとした湿疹ができないように、なるべく首にはものが触れないように、マフラーなどは控えます。
蚊のような虫刺され跡がいくつかある場合は、虫が原因であることも考えられます。
トコジラミという虫が虫刺され跡の原因かもしれないのです。
暗くなると活動し、首や足、腕を刺す特徴があります。
首にぶつぶつができていて、並んだ虫刺され跡がある場合は、トコジラミの可能性があります。
首にできる湿疹には以上のような原因がありますが、見分けるために病院を受診し、治療をします。

スポンサーリンク