首回り 赤い湿疹 定期的な痒み 原因

首回りに定期的な痒みや赤い湿疹ができる原因

スポンサーリンク

首回りは、皮脂が多く、皮膚が薄いため、肌トラブルが起こりやすい特徴があります。
定期的な痒みや赤い湿疹ができる場合は、尋常性乾癬という病気の可能性があります。
尋常性乾癬は、首回りや関節のある場所に起こりやすい炎症で、白くなった皮膚がぽろぽろと剥けてしまう症状があります。
初めは、赤い湿疹ができ、広がっていきます。
段々と白い皮膚が厚くなり剥がれます。
通常皮膚は4週間ほどで生まれ変わりますが、尋常性乾癬になると、そのサイクルが3日間、4日間と短くなってしまうため、皮膚が白くなり剥がれてしまうのです。
そのため、良くなったり悪くなったりを繰り返し、定期的な痒みや赤い湿疹が出るのです。
原因ははっきりとわかっていない病気です。
治療は、症状によって変わりますが、通常はステロイドの外用薬を使用します。
かゆみが強い場合は、抗アレルギー薬を使用することもあります。
糖尿病などの他の病気があることがあります。
定期的な痒みや赤い湿疹ができても、できるだけ肌をかいたりしないようにします。

スポンサーリンク

首回りに定期的な痒みや赤い湿疹がある場合、アレルギーなどの原因も考えられます。
定期的に使用するものによって、定期的な痒みや赤い湿疹ができることです。
例えば、接触性皮膚炎で、肌に合わない衣類を身につけていることです。
マフラーやタートルネックなどが肌に炎症を起こしている可能性があります。
また、首回りに使用するアクセサリーによるアレルギーです。
金属アレルギーが原因で首回りに定期的な痒みや赤い湿疹ができるとも考えられます。
原因となる特定の金属があったり、ある日突然発症することがあります。
アレルギーと、衣類などの物理的な刺激が原因で起こる皮膚のかゆみは、アレルギーの方が強く、範囲が広がることがあります。
症状があらわれたら、何が原因になっているのか推測し、それを首回りに身につけないようにします。
治療は、抗ヒスタミン剤やステロイド剤を使用します。
首回りに定期的な痒みや赤い湿疹ができたときは、このような原因が考えられます。
首回りの炎症を刺激しないようにし、病院を受診した方が良いです。

スポンサーリンク