首が痒い 赤く湿疹 金属ネックレス 原因

金属ネックレスで赤く湿疹ができたり首が痒い症状が出る原因

スポンサーリンク

金属ネックレスを使用して、赤く湿疹ができたり、首が痒い症状が出ることがあります。
その原因は、接触性皮膚炎の可能性があります。
接触性皮膚炎には、アレルギー性と刺激性のものがあります。
金属ネックレスをすると症状が出るということは、金属アレルギーが原因として挙げられます。
金属の種類によって、症状が出やすいものと、出にくいものがあります。
安い金属ネックレスの場合、アレルギーが起こりやすい金属を含んでいることが多く、赤く湿疹ができたり、首が痒い症状が出る可能性があります。
金属アレルギーは、ある日突然発症してしまうことがあります。
今まで金属ネックレスを使用していて問題がなくても、赤く湿疹ができたり首が痒い症状が出てしまうのです。
金属ネックレスを使用して、赤く湿疹が出たり首が痒い症状が出た場合は、炎症が広がってしまうことがあるので、原因となるアクセサリーを使用しないことです。
病院で診断してもらい、症状に合った治療を行います。

スポンサーリンク

接触性皮膚炎は、アレルギー性と刺激性がありますが、症状のあらわれ方に違いがあります。
アレルギー性の場合、首が痒い症状が強く出ます。
また、炎症の範囲が広がる特徴があります。
刺激性の場合、かゆみはそれほど強くなく、炎症の範囲は、刺激のあった場所だけです。
接触性皮膚炎は金属ネックレスが原因のアレルギーの他に、衣類などの刺激が原因で赤く湿疹ができたり首が痒い症状が出ることもあります。
マフラーや、タートルネックセーターなどで、首がちくちくと感じるのも接触性皮膚炎の症状の一つです。
ひどくなると水疱ができることもあります。
また、化粧品や湿布、自分の髪の毛が首に当たることが原因でも、赤く湿疹ができたり首が痒い症状が出ることがあります。
このように、首に赤く湿疹ができたり首が痒い症状が出る原因は、金属ネックレスや、化粧品、衣類など様々です。
似たような症状で、別の皮膚の病気の場合もあるので、病院を受診し、症状に合った治療をした方が良いです。

スポンサーリンク