首が痒い 接触性皮膚炎 対処法

接触性皮膚炎で首が痒い原因と対処法

スポンサーリンク

首が痒いと感じる原因に、接触性皮膚炎があります。
接触性皮膚炎は、アレルギーによる痒みと、肌への刺激によってかゆくなるものが含まれています。
アレルギーが原因で首が痒いと感じるものには、金属アレルギーが挙げられます。
ネックレスなどのアクセサリーに使用されている金属が原因となります。
金属の種類によって、アレルギーが起こりやすいものや、起こりにくいものがあります。
安いアクセサリーは、アレルギーを起こしやすい金属を使用していることがあります。
ただし、ある日突然金属アレルギーを発症することもあります。
今まで問題なく使っていたアクセサリーで首が痒いと感じるようになることもあります。
対処法は、首が痒いなどの症状が出たときは、アクセサリーを使用しないことです。
また、肌に優しい素材のアクセサリーを使用することです。
病院ではパッチテストをして原因を調べることがあります。
かかないようにすることが大切ですが、かゆみが強いときは、抗アレルギー薬や、抗ヒスタミン剤やステロイド剤を使用する対処法で治療します。

スポンサーリンク

刺激による接触性皮膚炎は、肌に触れる様々ものが原因となります。
例えば、衣類です。
タートルネックを着ていて、チクチクして首が痒いなども接触性皮膚炎の症状です。
マフラーでも起こることです。
刺激性の接触性皮膚炎の症状がひどくなると、水疱などができてきます。
対処法は、首が痒いと感じる原因を思い起こして探ります。
原因がわかるようなら、肌に触れないようにします。
かゆみが強いときの対処法は、ステロイド剤を使用します。
接触性皮膚炎のアレルギー性と、刺激性には、症状のあらわれかたに違いがあります。
アレルギー性の場合は、痒みが強く、範囲が広がります。
刺激性では、それほどかゆみは強くないです。
また、原因となるものが触れた場所だけに症状が出ます。
首が痒いと感じる原因の接触性皮膚炎は、以上のようにアレルギー性と刺激性があります。
症状の現れ方で、対処法が変わってくるため、正しい対処法をとることが大切です。
病院を受診し、正しい対処法で治療をした方が良いです。

スポンサーリンク