うなじ 生え際 皮むけ 原因

うなじや生え際の皮むけの原因

スポンサーリンク

様々な病気が原因で皮むけが起こることがあります。
うなじや髪の生え際で皮むけが起こる原因に、脂漏性皮膚炎というものがあります。
脂漏性皮膚炎は、皮脂が多く分泌される場所に起こりやすい皮膚炎です。
皮脂が多い場所は、背中、鼻、眉間、額、うなじ、髪の生え際などがあります。
また、皮膚と皮膚がすれる場所でも起こりやすいです。
症状は、肌が赤くなったり、かゆみが出たり、皮むけが起こります。
肌は、赤黒くなることがあります。
脂漏性皮膚炎は頭皮でも起こるので、頭皮で皮むけが起こるとフケとなります。
炎症の範囲が広がってしまうことがあります。
かゆみがあるため、掻いてしまうと、傷ができてシミになってしまうこともあります。
うなじなど生え際で炎症が起こると、おしゃれをするのに支障が出てしまうこともあります。
うなじや髪の生え際で皮むけが起こると、黒い服を着たときに目立ってしまいます。
炎症が起きたままにしておくと、皮膚が厚くなってしまうので、早めに治療をすることが大切です。

スポンサーリンク

うなじや髪の生え際の皮むけの原因である脂漏性皮膚炎は、ストレスや、寝不足、ビタミン不足などが関係しています。
また、皮脂の洗い残しがあるとことも原因です。
特にうなじや髪の生え際は、洗い残しや、石鹸やシャンプーのすすぎ残しをしてしまうことがある場所です。
それが原因でうなじや髪の生え際に炎症が起きやすいのです。
もう一つ、脂漏性皮膚炎の原因があります。
マラセチアという真菌が原因と考えられています。
このマラセチアは、皮脂を好む真菌で、健康な時も肌の上にいる常在菌です。
皮脂が過剰になったり、洗い残し、ストレスなどでマラセチアが増えてしまうことがあります。
増えすぎたマラセチアが皮膚に炎症を起こしている他に、マラセチアが皮脂を分解したときに出る物質が肌に炎症を起こしていると考えられています。
脂漏性皮膚炎の治療は、抗菌殺菌作用のあるシャンプーや石鹸を使用し、マラセチアの数を減らします。
皮むけがあっても、強くこすったりしないようにします。
かゆみには、抗アレルギー薬やステロイド剤を使用します。
食生活を見直してビタミンBを多くとるようにします。

スポンサーリンク