うなじ 皮膚炎 ビダール苔癬

首の横からうなじにかけて症状が現れる皮膚炎、ビダール苔癬

スポンサーリンク

ビダール苔癬とは、かつては慢性単純性苔癬や限局性神経皮膚炎と呼ばれていた皮膚炎です。
うなじや腕などの体に一部に丘疹が現れ、強い痒みを伴うことが多いのが特徴です。
掻くことで丘疹がくっついて紅斑となり、大きくなることがあります。
うなじの他にも、太ももや瞼、陰部などに発症することもあります。
ビダール苔癬の原因としては、何らかの刺激によって生じる痒みに負けて掻いている内に、皮膚炎として大きくなってしまうと考えられています。
ビダール苔癬の原因となる痒みに関しては、ネックレスなどの金属アレルギーや着物のなど衣類の襟がうなじなどを擦って発生する痒み、毛染めや整髪料などの刺激物、ストレスや紫外線、シャンプーやリンスのすすぎ不足などが考えられます。
また、刺激に敏感な乾燥肌の人や、透析治療を受けている人、糖尿病の人などに発症しやすい傾向があります。
しかし、原因が特定できないことも多いため、その治療などには痒みを抑えて、まず、それ以上に皮膚炎が悪化することを防ぐことが第一になります。

スポンサーリンク

ビダール苔癬の治療法としては、痒みの原因を取り除くことが重要です。
しかし、ビダール苔癬はその原因が特定できないことが多いため、治療はまず、症状を和らげて時間をかけて治していくことが一般的です。
まず、薬物治療としてはステロイド外用薬や内服薬の抗ヒスタミン剤などを使用することで、皮膚炎の症状を緩和させることができます。
そして、時間をかけて治癒させていきます。
その時、痒みに負けて患部を掻いてしまうと症状が悪化するだけなので、なるべく、痒みを感じないように生活全般で気を配る必要があります。
飲酒や熱いお風呂、辛い食べ物などは痒みを誘発するのでなるべく控えましょう。
また、柔らかい繊維の衣服を着用したり、気を紛らわせて痒みを忘れたりするのも大事なポイントです。
もし、引っ掻き癖や整髪料などの刺激物に心当たりがある場合は、それらの習慣を改善したり、代用品を探したりする努力も大事になってきます。
痒みが消えても、皮膚の盛り上がりなどが残っている状態で治療を止めると再発の危険性もあるので、専門家の指示を仰いで最後まで治療することが必要になります。

スポンサーリンク