皮膚 黒ずみ 病気

皮膚の黒ずみができる病気

スポンサーリンク

黒色表皮腫とは、皮膚が黒ずみ、ごわごわとした感触になってくる病気であり、良性型と悪性型と仮性型の3つの種類に分けられています。
黒色表皮腫の原因はそれぞれ種類によって異なっており、良性型は内分泌障害や先天異常が、悪性型は内臓の悪性腫瘍からの転移が挙げられ、仮性型の場合は肥満に伴って発症します。
悪性型は高齢者が発症する事が比較的多く、良性や仮性型は血中のインスリンが皮膚細胞の増殖物質と結合し、皮膚細胞が増殖する事によって、黒色表皮腫という病気を発症するのではないかと考えられています。
この皮膚に黒ずみができる黒色表皮腫という病気の症状の現れ方としては、脇の下・うなじ・頸部・腕の関節の屈折部分・膝の関節の後ろの部分・肛門の周りなどに色素沈着を起こしてしまったり、角質が増殖したりする事が挙げられます。
また、全身の皮膚に黒ずみの色素沈着が現れる事もあり、毛が抜けやすくなり、薄毛になってしまう事があります。

スポンサーリンク

皮膚に黒ずみができる黒色表皮腫という病気ですが、良性型と仮性型の2種類はほぼ原因が同じであるため、治療方法も同じなのですが、悪性型である場合には、治療方法が変わってきます。
良性型・仮性型の黒色表皮腫の治療方法としては、インスリン抵抗性が基礎にあるものであれば、肥満との関係が深くあるため、肥満によって起こる生活習慣病の予防が効果的だと言われていおり、生活習慣の改善や、それぞれの原因となっている病気を治療する事が大切だと言えます。
他にも、専門医に診てもらっておき、必要である場合には、糖尿病の専門医によるインスリン抵抗性の治療を受けるようにしましょう。
高齢者に多く見られる悪性型黒色表皮腫である場合には、悪性腫瘍の検査を受けるようにして、できてしまった悪性腫瘍の治療を行う事が効果的であり、検査を受ける事により、早期発見や早期治療に繋がる事もあります。
このような事から、それぞれの原因に合わせた根本的な治療を行う事によって、黒色表皮腫の治療ができるという事が分かります。
症状を進行させないためにも、早期のうちに治療を受けるようにしましょう。

スポンサーリンク