うなじ ぶつぶつ 原因

うなじのぶつぶつの原因

スポンサーリンク

うなじに出来るぶつぶつの原因はビダール苔癬と呼ばれる病気であることが多いです。
ある日ふと出来たぶつぶつを触るなどして刺激が与えられるとぶつぶつは盛り上がって赤くなり、その状態がずっと続く皮膚炎の一種です。
うなじに湿疹が出来る原因には、衣類との摩擦や髪の毛の刺激などがあります。
刺激を受けたうなじの部分をかいてしまうことで、悪化して広がるものと考えられています。
もともと乾燥肌や敏感肌である人の場合なりやすく、夏場の汗をかきやすい時期や季節の変わり目など肌全体が不安定になりやすい時期に発症しやすいです。
肌の保湿や衣類の摩擦、髪の毛の刺激を出来るだけ取り除いて改善させることが大切ですが、外用薬を塗ることで症状は早く治まることが多いです。
かゆみが一時的に治まってもぶつぶつがまだあると再発しやすいので、湿疹が落ち着くまではしっかりと外用薬を使って完治させることが望ましいです。
痒みが強い場合は内服薬の服用が必要です。

スポンサーリンク

ビダール苔癬の症状は、男性よりも女性に多く首の横辺りからうなじにかけて湿疹が出ますが、同時に腕や足、まぶたなどにも発症することがあります。
原因には、外的刺激がありますがストレスなどで特定の場所を無意識のうちに掻いてしまうことがありますがかけばかくほど表面は乾燥して余計にかゆくなる環境になります。
無意識に特定の部位をかいてしまうのは、ストレスからきていることが多いのでなるべくストレスを感じないように生活習慣を改善する必要もあります。
掻き続ける以上湿疹が落ち着くのもかゆみが和らぐのも難しいので、かゆみが強い場合は患部を少し冷やすようにします。
かくことで肌に傷がつくと、傷跡として残ってしまうこともあるので症状が酷い時は皮膚科を受診します。
皮膚科では主にステロイドを使った外用薬やかゆみを鎮める作用のある抗ヒスタミン作用のある内服薬が処方されます。
決められた期間しっかり薬による治療を行うことで再発予防にもなります。

スポンサーリンク