首 虫刺されのような 原因

首に虫刺されのような湿疹が出来る原因

スポンサーリンク

首に虫刺されのような湿疹が出来ることがあります。
実際に虫刺されである場合もありますが、虫の発生が多くない時期であればダニが原因であることが考えられます。
家の中にはダニが数多く存在しているので、掃除があまり行き届いていない場合はダニが原因で虫刺されのような湿疹が出ることがあります。
ダニが原因の湿疹の場合、痒みが強く、一週間ほど続くことがあり、首に虫刺されのような跡が出来ることがあります。
枕など寝具にダニがついていることで、首に症状が出ることがあります。
ダニは人のフケや垢、皮脂などを餌として生きているので、人間の生活環境のいたるところに潜んでいます。
寝ている時にダニによる被害を受けることが多いので、朝起きてから痒みに気づく場合がほとんどです。
ダニに噛まれることで湿疹が出ることもありますが、ダニの死骸に接触することでアレルギーや湿疹が出ることもあるので寝具のこまめな掃除は必要不可欠となっています。

スポンサーリンク

症状が出たら皮膚科を受診すると塗り薬やかゆみ止め、抗アレルギー薬などを処方してもらうことが出来ます。
自分の生活環境は常に清潔に保つようにして、寝具の掃除は定期的に行います。
ダニは、洗濯して天日干しにしたとしてもなかなか死滅しません。
高温の乾燥機にかけることで完全に死滅させることが出来ると言われています。
3か月に1度くらいの頻度で高温乾燥機にかけて寝具についているダニを死滅させることでダニによる被害を防ぐことが出来ると言われています。
また、高温の乾燥機が使えない時は、洗濯してしっかりと干した後にアイロンをかけると良いと言われています。
高温を直接当てることでダニを死滅させることが出来るので、定期的に寝具のケアをすることは大切です。
痒みが出たら、かくと跡が残るのでなるべくかかないようにして冷やしてかゆみを鎮めながら皮膚科で処置してもらいます。
乾燥していると痒みを感じやすくなるので、適度に保湿もします。

スポンサーリンク