首 赤い かゆい

首が赤い時やかゆい時の原因や対処の仕方

スポンサーリンク

きれいなうなじは見る人の目を引きますが、意外に皮膚が薄く顔の皮膚ともつながっているのでスキンケアも顔と同じように念入りに行うようにしましょう。
例えば首が赤い場合の原因としては汗によってかぶれたり、汗でかゆいなどの症状が起こる場合が多いようです。
また汗をかいたりした時などにアクセサリーの金属があたり炎症を起こしたりします。
夏場などはデコルテを強調したファッションを選びたいでしょうが、肌が弱かったりする方はなるべく自然素材のストールなどで覆い守るようにするといいでしょう。
赤い炎症やかゆいなどの症状がひどくなってしまった場合は、ひどくなる前に皮膚科などの病院で診察を受けることをお勧めします。
冬場でもタートルネックなどで寒さを防ぎますが、素材によってはチクチクしてかぶれたり赤い炎症になったり、時にはかゆいなどの症状が出やすいのでやすいので注意しましょう。
首は無防備にしがちですが、本当は紫外線やアレルゲンなどからしっかりと守ってあげるべき部分なのです。

スポンサーリンク

首も紫外線があたる前面だけに気を付けるだけではいけません。
髪の毛などで隠れているうなじなども汗をよくかく部分です。
生え際が赤いとかかゆいなどの症状が起こりやすいので注意しましょう。
特に首の生え際はニキビなどができやすく清潔にしていても、赤いニキビや湿疹ができついついかゆいので触ってしまいがちです。
うなじの毛穴にばい菌が入り、炎症が引き金になって化膿したりしますが、髪の毛などで覆われていますので、薬なども浸透しづらく繰り返し炎症を起こす原因となるようです。
また首だから皮膚は丈夫だと考えて石鹸でゴシゴシと洗ってしまったり、シャンプーやコンデショナーのすすぎ残しなどもあるようですので、しっかりと洗い流します。
熱いお湯で必要以上に皮脂を洗い流したりしてバリア機能までなくさないように、ぬるめのお湯で優しく顔を洗う時と同じようにしていれば、首も赤い炎症を起こしたりかゆいなどもなく、健康な皮膚として保てることができるでしょう。

スポンサーリンク