首 カサカサ かゆみ 赤み

カサカサ肌が原因の、首の赤みやかゆみへの対処法

スポンサーリンク

誰しも首の赤みやかゆみを経験をしたことがあると思います。
その理由はいくつか考えられます。
まず考えられるのは、皮膚炎や湿疹です。
これは、患部が炎症を起こしているため赤みを帯びているのが特徴で、激しいかゆみを伴います。
原因は衣服やアクセサリーなど外因性のものや、アレルギー反応を起こしてしまう、アトピー性皮膚炎などがあります。
このうちアトピー性皮膚炎はについては、生活スタイル、環境的な問題、掻いてしまうという物理的要因など、人それぞれ千差万別です。
次に考えられるのは乾燥です。
乾燥と言えば、肌がカサカサ乾燥する冬場を連想しがちですが、乾燥するのは冬に限りません。
なぜなら、乾燥肌の原因は肌のバリア機能の低下によるものだからです。
このバリア機能低下の要因となっているのは、間違った入浴の仕方によるものが大きいと考えられます。
首は、顔と同様に皮膚が薄い部分です。
しかも夏場などは首が露出した服装や髪形をすることが増える為、汗や汚れが気になる部分でもあります。
そこで、体の他の部分と同様にごしごしと洗ってしまっては、首の油分が必要以上に失われ、カサカサ肌になります。
乾燥すると外部からの刺激に弱くなり、少しの刺激で赤みやかゆみを覚えるようになります。
カサカサ肌は、皮膚トラブルの原因になるのです。

スポンサーリンク

それでは、カサカサ肌にならないためには、どのようにするとよいのでしょうか。
キーワードはやはり、入浴法です。
皮膚の薄い首の部分は特に、ごしごしとこすらないのがコツです。
できれば、浴用タオルなどは使用せず、シャワーで流す程度が理想です。
そうは言っても汚れが気になる部分ですので、その場合はボディーソープなどをしっかりと泡立てて、手で洗うのがおすすめです。
そして、潤いを逃さないために、入浴後はすぐに保湿しましょう。
また、外的要因として、紫外線や髪の毛が当たることが考えられるので、外出時には紫外線が直接当たらないようにスカーフを巻く、髪の毛が直接首に触れないように髪をまとめるといった工夫をするのもおすすめです。
一度掻きむしってしまうと、そこから炎症が広がってかゆみの連鎖が起きてしまいます。
かゆみを感じる前にしっかりと上記に挙げた対策をとることで、症状を抑えたり和らげたりすることができます。
つらいかゆみに負けないように、普段からしっかりケアをしていきましょう。

スポンサーリンク