首 かゆい 赤い

首に赤い発疹ができてかゆい時の対処法

スポンサーリンク

何らかの原因によって、皮膚に湿疹が起こることがあります。
湿疹ができると赤いブツブツができ、かゆみを感じます。
湿疹には原因別に様々な種類があります。
接触性皮膚炎、内因性皮膚炎、脂漏性皮膚炎、皮脂欠乏性皮膚炎などがあります。
他にも、家事が原因となって起こる主婦湿疹や手湿疹、硬貨のような丸い湿疹が起こる貨幣状湿疹などもあります。
この中で特によく見られるのが、接触性皮膚炎です。
接触性皮膚炎とは、刺激物や薬品、アレルギー物質などと皮膚が触れることで起こる湿疹です。
接触性皮膚炎は更に2つに分類され、一次刺激性接触皮膚炎とアレルギー性接触皮膚炎に分けられます。
アレルギー性接触皮膚炎はアレルギー反応の一種になるため、アレルギーを持っている人にだけ起こります。
しかし、一次刺激性接触皮膚炎の場合には、アレルギーを持っていない人でも起こるため、誰にでも起こり得る湿疹となります。
接触性皮膚炎は全身どこにでも起こり得ますが、首や腕、足などに多く見られます。

スポンサーリンク

接触性皮膚炎でよく見られるのは、金属アレルギーによって起こる湿疹です。
皮膚の薄いところほど症状が現れやすいため、首に起こる可能性が高いと考えられます。
アレルギーはいつ発症するかわかりません。
近頃首がかゆい感じがすると思っている場合には、アレルギーになっているかもしれません。
首の金属アレルギーはネックレスによって起こります。
首がかゆい、赤いブツブツがあるなどの症状が見られた場合には金属アレルギーの可能性が高くなります。
ただし、状況によってはかゆみや赤いブツブツが起こらないこともあります。
アレルギー反応が起こりやすいのはネックレスを身につけた状態で汗をかくことです。
汗をかくことで炎症が起こりやすくなるためです。
少しでもかゆい感じがしたら、すぐにネックレスの着用をやめましょう。
金属の種類が違えば、他のネックレスを着用することができます。
皮膚科を受診して、どの金属にアレルギー反応を起こすのかを検査してもらうと良いでしょう。

スポンサーリンク