うなじ 首 かゆみ 赤くブツブツ

うなじ、首のかゆみ。炎症、赤くブツブツ、しこりの原因と対処法

スポンサーリンク

首のかゆみにもいろいろあり、汗もや湿疹を始めダニアトピー、などの原因で皮膚の炎症を伴うかゆみかあります。
特に首周りでうなじは髪の毛や服装の襟などで、常に接触して刺激を行けいている部分でもあります。
また、冬などには服装での接触性皮膚炎を起こすこともあり、皮膚が敏感肌出会ったり、乾燥肌の人は特に痒みを感じることが多いです。
逆に皮膚が脂っぽい人の場合には、感染からの炎症で、ぶつぶつができたり、可能したりもすることもあり、普段より清潔にすることを心がけることが必要です。首もニキビが出来たりすることがあり、このニキビには首に出来やすい首ニキビを始め、白ニキビ、赤ニキビ、黒ニキビ、黄色ニキビなどそれぞれ異なるニキビもありますので、症状にあった処置をしないと、俗に言うニキビ跡が残ったりもしますので、たかがニキビで過ごしてしまわないようにします。
また、首に出来やすい皮膚の炎症として、ビタール苔癬(たいせん)と言われる神経皮膚炎と呼ばれるものがあり、首の後ろや太腿に出来る湿疹で、皮膚が厚く鳴る湿疹のようになる皮膚炎です。
このビダール苔癬は最初丘疹が小さく出来て盛り上がるよう皮膚が厚くなり、その内に盛り上がりが集まり、平坦で厚く乾燥した苔癬になって行きます。このビダール苔癬は女性に多く、年齢的にも中年以上の人におおくみられ、一見「たむし」のに似ていて、たまに間違えられることがあります。

スポンサーリンク

ではビダール苔癬の原因となるものとして、アクセサリーの素材の金属で起きる金属アレルギー、シャンプーやリンスなどの洗剤系や毛染め剤、衣服の繊維や時には太陽の紫外線から発症することもあります。
敏感肌の人は、化学繊維による接触性皮膚炎や、精神的な負荷であるストレスがこの皮膚炎を起こすこともあります。
一般的な処置の方法として、症状がひどい場合にはステロイド系の薬で早期に直したあとに、痒み止剤を使用して症状がひどくならない用意します。
また、乾燥肌の人は入浴後に痒くなることもあり、血行がよくなり、結果うなじ、首が痒くなります。
この手の痒みの場合、かゆいからとして描いてしまうと症状をより悪化させてしまうので、描くということを少なくしてみることも効果があり、薬を使う場合には抗ヒスタミン剤等の入った痒み止めを使うことで効果が期待できます。
症状がひどくならないようにきをつけます。

スポンサーリンク